βグルカンの効果が凄い|病気予防に適しているサプリ

吸収率を考える

サプリを持つ人

成分の由来をみる

βグルカンを選ぶ時には、どのような成分が由来となっているのかを、必ずチェックするようにしましょう。βグルカンというのは、水溶性と耐水性の2種類があり、由来となっている成分によって効果が異なります。特に、日本で人気が高いキノコ由来のβグルカンは、耐水性の商品です。耐水性というのは、一般的に水溶性に比べて吸収率が悪くなります。しかし、キノコ由来というと、やはり安全性が高いという印象があるので、キノコ由来のβグルカンを選ぶという人も多いでしょう。キノコ由来のβグルカンは、キノコの種類によって生産地や成分など期待できる効果も少しずつ変わってきます。また、化学構造なども、少しずつ違ってきますので、まずは宣伝やパッケージの裏などをよく読んでから、効果のある商品の摂取をするかどうかを決めたらいいのではないでしょうか。また、欧米で古くから注目されてきたのが、パン酵母を由来としているβグルカンです。イースト菌の産生物から抽出して、清算されている商品ですので、キノコと同じくなじみ深く、摂取しやすい商品となっています。ぱにゅらいのβグルカンも耐水性となっていて、吸収率に問題はあるものの、古くから使われてきている成分になります。ただし、商品によっては水溶性のβグルカンを含んでいる、イースト酵母由来のグルカン製品も存在しているのは事実です。大注目されているβグルカンであるからこそ、どの商品を選ぶのかは効果を出すためにも、とっても大切になります。成分の由来や水溶性や耐水性などを把握して購入しましょう。